事実上の倒産

企業の場合、1回目の手形や小切手の不渡りから6か月以内に2回目の不渡りを出した場合、銀行取引停止となります。
銀行取引停止になると、全ての銀行の貸付及び当座取引が不可能になる為、ほとんどの企業は資金繰りを絶たれ事実上の倒産と呼ぶ。