3社間ファクタリング

一言で言うと、債権者が保有している、売掛債権をファクタリング業者が買い取り、ファクタリング業者が回収業務を行うのが3社間取引ファクタリングです。

大手銀行系や金融会社などが主にこの3社間取引でのファクタリングサービスを行っており
債権者と債務者の間に入り、債権債務が債権者からファクタリング業者に譲渡され、債務者から決済期日にファクタリング業者が債務の満額を徴収し
債権者には満額から決められた率で割り引いた額を支払う。

【メリット】
債権者:手形と同様に割引をファクタリング業者にしてもらうことが可能で支払猶予期間の貸倒リスクをファクタリング業者に転嫁することができる(ノンリコース)。また、領収書発行が不要なため、印紙代や送付時の切手代が不要になり債権回収コストも削減できる。

債務者:債務者とファクタリング業者へ支払日・割引可能日をFAXや出紙で連絡するだけで業務が軽減し手形の発行する手間が省け人件費や印紙代などのコストを削減できる

ファクタリング業者:手形割引の際に債権者に支払った金額と債権を徴収した額面との差額で利益を得る。