BASE、15億円の資金調達 ネット決済機能を開発

 ■BASE(ベイス、個人のネットショップ開業支援ベンチャー) 三井住友銀行傘下のSMBCベンチャーキャピタル(東京・中央)など3社から合計15億円の資金を調達した。調達資金でベイスは技術者の採用を強化し、現金やクレジットカードを使わずに買い物できる仕組みの開発を進める。

 第三者割当増資を実施し、SBIインベストメント(東京・港)などのベンチャーキャピタル(VC)も引受先となった。同社は2012年設立のベンチャー企業で主に個人向けにECサイト開設支援のサービスを手がけている。専門知識がなくてもウェブサイトを開設したり更新したりできる。ファッションや食品など幅広い分野で30万店のサイトが利用しているという。