当座預金

小切手や手形の支払が行われる要求払預金の事で
引き出しには必ず小切手もしくは手形が必要です。

頻繁に収支が発生するため原則無利子。

メリットは通常で発生する現金での支払や代金回収業務を銀行に委託して行うことができる為、
事務の業務負担の軽減や現金の取り扱いによる危険を回避することができる。
また、預金保険制度の上限が普通預金が最大1,000万円なのに対し、当座預金の場合全額保護されます。