債権譲渡登記

債権譲渡登記は債権譲渡特例法により1998年10月から普及した登記で、債権を譲渡することを第三者への対抗要件にする登記です。
債権譲渡登記の対象は,「法人が行う指名債権(金銭債権)」の譲渡に限定され効果は民法上の確定日付ある証書による通知があったとみなされるものであって債権の存在や優位性を証明するものではありません。